カシミヤコート

日常ダメージでCMC*が傷ついたキューティクルをケア

カシミヤコートの効果


  • キューティクルCMC 溶出ダメージに対する改善作用
  • 毛髪への日常ダメージに対する改善作用
  • 毛髪の感触改善作用(モニター試験)

各種分子量ケラチンPPTとカシミヤコート


ケラチンPPT** には、プロティキュートのような高分子ケラチンから、分子量1000 以下の低分子のものまで存在します。一般的に高分子のものは被膜性に優れ、ハイダメージ毛ケアに適しているのに対し、低分子のものは浸透性に優れ、扱いやすいという特徴を持っています。
カシミヤコートは中分子領域を中心として幅広い分子量のケラチンより構成されており、日常生活による毛髪へのダメージが蓄積しやすいキューティクルCMC に対するケアに特に適しています。また各種溶剤や化粧品原料との相溶性に優れており、様々な剤型に配合しやすいため、非常に扱いやすいケラチンPPTとなっています。
*CMC:細胞膜複合体。細胞同士を接着する役割を持っています。
** PPT:Polypeptide ポリペプチドの略

カシミヤ毛について


カシミヤコートに使われるカシミヤ毛は、内モンゴル自治区の標高4000mを越える過酷な環境で生育するカシミヤヤギより採取されます。その柔らかく独特な質感から繊維の宝石とも称されますが、1頭から年間に取れるのは羊毛の1/10 と、ごくわずかな量しか生産することが出来ない貴重な繊維です。
カシミヤ毛の繊維は羊毛と比較してスケール(キューティクル)が少なく(上右画像)、そのため非常に柔らかく、感触が良くなっています。

 
お問い合わせ・資料請求はこちらから。

最新情報

製品情報

研究開発

会社情報

注目製品

お問い合わせはこちらから。 お問い合わせはこちらから。