バージョンアップ

新毛の"発芽(バージョン)"を促す

毛包の土台となる外毛根鞘を活性化する「R-spondin 1」に注目


「R-spondin 1」は生体中で器官の発生や組織再生に関わるタンパク質で、いま再生医療の分野で非常に注目されています。 この概念を毛髪科学分野に展開し研究したところ、この「R-spondin 1」は毛髪を太く、抜けにくくするのに重要な「外毛根鞘」という毛包の土台を活性化することが分かりました。 「R-spondin 1」の研究を初めて育毛素材の製品化に応用し、「バージョンアップ」が生まれました。 「バージョンアップ」は、男性ホルモンの作用機構も同時に抑制することから、抜け毛を抑えながら(成長期を護る)、同時に毛包を活性化します(成長期を促す)。 男性の脱毛だけでなく、近年ニーズが高まっている女性の薄毛にも効果が期待できます。

バージョンアップの機能性


  • R-spondin 1産生促進作用
  • 脱毛因子DKK 1産生抑制作用
  • ヒト由来毛包組織伸長作用
  • ヒトでの育毛作用

男性ホルモン作用機構を抑え(成長期を護る)、毛包を活性化(成長期を促す)する

組織再生関連タンパク・R-spondin 1は、毛組織においては、毛包の土台となる外毛根鞘細胞の受容体(LGR5)と結合し細胞を活性化、毛髪の成長を促します。
またR-spondin 1 は、男性ホルモン作用機構で働く脱毛因子DKK1の産生を抑制し、男性ホルモン作用に由来する脱毛を防ぎます。
バージョンアップは、毛乳頭細胞からのR-spondin 1 分泌を促進し、毛の成長を促すと同時に、男性ホルモンによる脱毛を防ぐ、ダブルの効果が期待されます。

 
お問い合わせ・資料請求はこちらから。

最新情報

製品情報

研究開発

会社情報

注目製品

お問い合わせはこちらから。 お問い合わせはこちらから。