「日本薬学会第128年会」にて研究発表。プラセンタ経口摂取による肌状態改善効果

一丸ファルコス株式会社は、平成20年3月26日~28日の3日間、パシフィコ横浜にて開催された「日本薬学会第128年会」 において、下記の研究成果を発表いたしました。

研究テーマ
プラセンタ経口摂取による肌状態改善効果

研究テーマの発表要旨については、以下のとおりです。

健康な20~50代の女性10名にプラセンタエキスを5週間食間に摂取させた。試験開始時および摂取5週間後にインピーダンスメーター(SKICON-200 IBS製)およびロボスキンアナライザーRSA-50(インフォワード製)にて肌の状態を評価した。
その結果、
1.色素沈着数と色素沈着面積で有意な減少。
2.油分量の有意な増加。
3.角層水分量に増加傾向。
4.顔の明度および毛穴の改善傾向。
以上4点から、プラセンタエキスは肌状態を改善すると考えられた。

以上



お問合せ先
一丸ファルコス株式会社 開発部
岐阜県本巣市浅木318番地1
TEL:058-320-1052
FAX:058-320-1065
担当:田中(友)、富松、坪井(誠)

 
お問い合わせ・資料請求はこちらから。

最新情報

製品情報

研究開発

会社情報

注目製品

お問い合わせはこちらから。 お問い合わせはこちらから。